パワーアップ手帳術

行動を変革するパワーアップ手帳「術」

「パワーアップ手帳術」は自己変革を促すガイドラインです。目標を確実に達成するために、自分の真の力を引き出せるよう日々の行動をセルフマネジメントする手帳活用術です。

「パワーアップ手帳」は、テーマごとの目標管理表スケジュール帳を合わせたシンプルな設計になっていて、難しい理論に基づく複雑なフォーマットがある訳ではありません。大切な事は、日々の行動を目標達成のために自己変革すること、そのための「ガイドラインとなる行動術」と自己変革をアシストする「ツールとしての手帳」を持つことではないでしょうか。

具体的には、以下のような「計画を立てて取りかかる」というシンプルな習慣と4つの基本スキルで構成されます。

計画を立てて取りかかる習慣

目標を達成するためにまず最初に必用なことは、計画を立てること。そしてそれは決して難しいスキルではなく、毎日の「行動習慣」となっていることが必用です。ここでは「スケジューリングの基本」「結果を出すための3原則」「効果をあげるコツ」を紹介しています。

複数のテーマを同時にマネジメントする

やりたいこと、やるべきことは1つとは限りません。むしろ、仕事やプライペートで複数のテーマで同時にバランスよく目標を達成することが求められています。パワーアップ手帳を活用することで、その効果を実感できます。

PDCAのサイクルをまわす

プラン、ドゥー、チェック、アクションサイクルをPDCAサイクルといいます。目標を達成するためにはこのPDCAのサイクルをしっかり実践することが重要です。パワーアップ手帳術によって、日々のアクション自体が目標達成のためのPDCAサイクルで計画できるようになります。

優先順位づけ

日々の行動をマネジメントして着実に成果を上げていくためには、個々の活動の優先順位付けが大変重要です。いくら手帳で計画を立てても、実際に行動すると想定どおりに物事が進まない事は日常茶飯事です。そして忙しい時に限って新しい仕事がどんどん発生するものです。あげくに緊急の重要案件ばかりに振り回されて気がつけば一日が終わってしまったなんて経験を誰もが持っているのではないでしょうか。優先順位付けの有効な方法を紹介します。

時間の有効活用

「パワーアップ手帳術」を構成する最後の要素は、いわゆるタイムマネジメントです。「タイムマネジメント」というと一般に様々な書物で非常に多くの知見やノウハウが語られています。 パワーアップ手帳術では、プロセスマネジメントのための時間の有効活用にフォーカスします。